JPT 日本語能力試験

JPT(日本語能力試験)とは

JLPTとの違い(レベル比較)

日本語能力試験(JLPT)との違い

たとえば英語では、実用英語技能検定は1級・2級・・・の段階式の評価方法で、TOEICは得点(10〜990点)で評価します。これと同様に日本語能力試験(JLPT)はN1・N2・・・の段階評価ですが、JPTは得点の無段階評価なので、受験毎に語学力の伸びが測れ、かつ正確な評価を下せます。
また、試験回数は、JLPTが年2回なのに対し、JPTは年12回実施しており、受験機会が豊富です。

JPTとJLPTスコア比較

JPT受験者を対象にしたアンケート調査によると、日本語能力試験(JLPT)合格者はN2とN3合格者に比べ、JPTにおいても平均スコアが高いことが分かり、一定の相関関係が認められます。また、N1合格者であっても、JPTスコアは500点から990点まで広く分布していることがわかります。
JPTはスコア評価により、段階評価では表せない能力比較を正確に行うことができます。

JPTは法務省出入国在留管理庁が認めている資格

JPTは、日本語教育機関へ入学する資格として認められています。
「一般社団法人日本語能力試験実施委員会が実施するJPT日本語能力試験において315点以上取得していること。 」

法務省のホームページはこちら

JLPTとの違い(レベル比較)
JPT 日本語能力試験(JLPT)
660点以上 N1
525点以上 N2
430点以上 N3
375点以上 N4
315点以上 N5
JPT試験エントリー
(アプリのダウンロード)