JPT 日本語能力試験

よくあるご質問

JPT(日本語能力試験)以外のお問い合わせについて

一般社団法人 日本語能力試験実施委員会は、「JPT(日本語能力試験)」の運営団体です。JPTに関するご不明点はFAQを見てください。
その他の日本語試験に関するお問い合わせは、各試験の主催者(JLPT運営団体、EJU運営団体など)へ問い合わせてください。

JPTとは

JPTは、日本語を母国語としない人や日本語を学習している人が受けられるテストです。今のあなたの日本語のコミュニケーション能力のレベルを測ることができます。
JPTの結果は、日本語教育機関へ入学する資格として認められています。また、韓国の大企業や公共機関などで、就職における評価にも使われています。
詳しくはこちらのページを見てください。

JPTは日本語でのコミュニケーション能力のレベルを測るために作られたテストです。結果は合格・不合格ではなく、10点~990点のスコアで出ます。そのため合格・不合格では表せない能力の比較が正確にできます。また、JPTは毎月実施されるので受験機会が多く、結果発表も2週間後と早いので便利です。
いっぽう、JLPTは受験レベルがN1~N5の5つに分かれていて、それぞれのレベルで合格・不合格の結果が出ます。実施は毎年7月と12月の年2回で、結果発表まで2ヵ月かかります。
JPTとJLPTのレベル比較はこちらを見てください。

JPTは学習年数に関係なく、みんなが同じテストを受けます。JLPTにあるN1などの受験レベルはありません。
結果は、トータル10点~990点まで、5点ごとのスコアで出ます。
得点の目安はこちらのページを見てください。

JPTとJLPTはどのような違いがありますか?

JPTとはどのような試験ですか?

JPTの結果はスコアで出るため、合格・不合格というものはありません。
一人ひとり目的によって目標とするスコアが違うため、受験者や学校・企業などが、目的に合わせて目標点を決めることができます。
スコアの目安はこちらのページを見てください。
入学や就職に必要なスコアは、学校や企業によって違いますので、それぞれに確認してください。

JPTは10点~990点のスコアで採点されるため、日本語がまったくわからない低いレベルから、Native Speakerに近い高いレベルまで測れます。そのため、日本語を学び始めたばかりの人から、高度なコミュニケーション能力を証明したい人まで、幅広い日本語の能力判定が可能です。
問題はパートごとに、簡単な問題から難しい問題まで、一定の割合で出題されます。そのため、学び始めたばかりの方にはわからない問題もありますが、すべての問題に答えられなくても、今の能力を測ることができます。

問題例はこちらで見ることができます。
もっと多くの問題が見たいときは、過去問題1回分を収録した「JPT公式ガイドブック」を販売しています。購入フォームはこちら

JPTとJLPTはどのような違いがありますか?

資料を送ることはできません。
JPTの資料(パンフレット)はこちらから請求できます。
PDFデータをダウンロードして見ることができます。

JPTは日本語教育機関へ入学する資格として、法務省出入国在留管理庁に認められています。しかし、残念ながら、特定技能にかかわる日本語試験としてはまだ認められていません。採用に向けて現在活動中です。

JPTとJLPTはどのような違いがありますか?

JPTは、今の日本語のコミュニケーション能力を測定し確認するためのテストです。
さまざまな企業で就職における評価などに活用されていますが、企業や、その目的によって求められるスコアは違います。
今のあなたの日本語能力を証明する材料のひとつとして利用してください。
JPTスコアの採用先はこちらのページを見てください。

制限はありません。何回でも受験できます。

JPTの試験問題は、テストのたびに新しい問題が作成されていますが、テストごとに評価基準に違いが出ないよう、「項目応答理論」という高次元のテスト技術で難易度の調整を行い、スコアの評価基準を保っています。
また、試験は素点方式ではなく、出題分野ごとの相関関係を分析し、スコアを出しています。そのため、受験者の実力が変わらなければ、いつ受験してもスコアは一定となり、また、繰り返し受けることで上達度を測ることもできます。

申込関連

日本で受験する場合、受験申し込みから試験結果の確認まで、専用アプリで行います。
詳しいお申し込み方法はこちらで確認してください。

アプリはどこでダウンロードできますか?

こちらでダウンロードしてください。

服装は自由ですが、スーツなどの清潔感のある服装での撮影をおすすめします。
マスク・帽子をつけたまま撮影した写真や、在留カード・パスポートなどの証明書に貼られた写真を撮影したもの、小さすぎる写真など、本人確認が適切にできない場合は受験できないことがあります。

お申し込み後に写真を変更することはできません。適切な服装と背景で撮影した写真の使用をおすすめします。

『クレジットカード決済』、または『コンビニ決済』でお支払いいただけます。
※タブレットはご使用いただけません

JPTを受けたいです。どのように申し込めばいいですか?

アプリはどこでダウンロードできますか?

受験料を支払った後は、キャンセルできません。また、返金もできません。
支払い前であれば、アプリの受験料お支払い画面から、キャンセル手続きを行うことができます。

都合が悪くなり、当日受験できなくなった場合、受験料の返金や試験日の変更はできますか? 受験資格を知人に譲ることはできますか?

団体での一括申し込みをご希望の方はこちらからお申し込みください。

試験情報

日本で受験する場合、試験日の約2週間前に、メールとアプリでお知らせします。

試験日の約2週間前に、アプリで見られるようになります。郵送することはありませんのでご注意ください。
試験当日は、受付でアプリの受験票を提示してください。受験票画面のスクリーンショットやプリントアウトしたものを提示しても構いません。

当日の持ち物は以下のとおりです。

  • 受験番号がわかるもの(受験票画面をプリントアウトしたものや携帯電話など)
  • 写真付きの本人確認書類(有効期限内のもの) ※必ず原本を持ってきてください、コピーは不可です
  • 鉛筆またはシャープペンシル(黒色、BまたはHB)
  • 消しゴム
  • 腕時計(スマートウォッチは使用不可)

本人確認書類の詳細はこちらのページの「注意事項」を見てください。

試験会場の詳細はいつごろお知らせがありますか?

受験票はどこで確認できますか?郵送で届きますか?

試験当日の受験料の返金や試験日の変更、また、受験資格をほかの人に譲ることはできません。なお、欠席される場合、ご連絡や手続き等の必要はありません。

申込をしましたが、キャンセルすることはできますか?

ほかの受験者のご迷惑となりますので、試験中の退室はできません。

結果通知

試験日から約2週間以内に、アプリでお知らせします。

成績証明書の発行の方法を教えてください。

試験終了後すぐであれば、アプリのホーム画面に表示しています。
過去の試験の成績は、アプリメニューの「受験履歴」で見ることができます。

成績がアプリに表示されたら、成績証明書を申請できるようになります。
申請と成績証明書発行手数料の支払いができたら、約1週間で郵送でお届けします。

「成績証明書の確認の方法」はこちらのページを見てください。

有効期間は、試験日から2年間です。

※成績証明書の再発行は有効期限(2年)以内となります。(例:2020年1月31日試験の場合、2022年1月31日までが再発行期間となります)

その他のご質問は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせ
JPT試験エントリー
(アプリのダウンロード)