JPT 日本語能力試験

JPT(日本語能力試験)とは

得点の目安

JPT試験スコアとスキルの目安です。

スコア 聴解 読解
どのような状況でも、日本語による十分なコミュニケーションが可能である。
880以上 どのような状況でも、日本語による十分なコミュニケーションが可能である。
  • 会話表現の微妙な違いを把握し、正確な意思の伝達と理解ができる。
  • 会議、交渉、電話応対などで、相手の言っていることを正確に理解できる。
  • 対人関係に合わせて、流暢、かつ適切な言語表現ができる。
  • 語彙と会話の内容に正確性がある。
  • 日本語の正確な知識と運用能力がある。
  • ビジネス文書を正確に理解できる。
  • 文法や語彙に精通している。
  • 文法上の誤りがほとんどない。
幅広い場面で、日本語による適切なコミュニケーションが可能である。
740以上 幅広い場面で、日本語による適切なコミュニケーションが可能である。
  • 多くの人々が時事問題について議論するのを聞いて理解し、話し合うことができる。
  • 興味のあるトピックについて、事前に原稿を準備し、複数の人の前で発表することができる。
  • 会議、交渉、電話対応などで、相手の言っていることをおおむね理解し、対応することができる。
  • 一部を除き、語彙や文法の知識は豊富である。
  • 会議のおもな内容を要約することができる。
  • 相反する意見や見解の違いを把握し、理解できる。
限られた範囲の日本語による日常会話が可能である。
610以上 限られた範囲の日本語による日常会話が可能である。
  • 日常会話をおおむね理解できる。
  • 会議や交渉などで内容が複雑になると、理解できない場合がある。
  • 状況に合わせた適切な表現ができない場合がある。
  • 指示や文書を正確に理解できない場合がある。
  • 部分的に、日本語の表現や語彙に未熟なところがある。
  • 文法の知識がやや不足している。
簡単な内容なら対応できるが、正確に表現するには支障がある。
460以上 簡単な内容なら対応できるが、正確に表現するには支障がある。
  • 日常会話において、簡単な内容だけ理解できる。
  • 趣味、家族、天気などの一般的な話題について、簡単な日本語で表現できる。
  • 自分に関連する分野について、簡単な紹介ができる。
  • 簡単な指示や文書を理解できる。
  • 必要な資料を見つけたり、文書を作成したりするのは難しい。
  • より多くの語彙や文法、漢字を学ぶ必要がある。
基本的な挨拶と自己紹介はできるが、コミュニケーション能力は初級段階である。
315以上 基本的な挨拶と自己紹介はできるが、コミュニケーション能力は初級段階である。
  • 趣味や家族などの簡単な話題について、相手がゆっくり話してくれたら理解できる。
  • 会う時や別れる時に、基本的な挨拶ができる。
  • 自分の日常生活について、簡単に話すことができる。
  • 基本的な単語やフレーズのみ認識している。
  • 断片的な日本語の知識しかない。
  • 簡単なメモなどは理解できる。
日本語でのコミュニケーションと読解は
不可能なレベル。
315未満 日本語でのコミュニケーションと読解は不可能なレベル。
  • 日本語でのコミュニケーションと読解は不可能なレベル。

※2020年12月の定期試験で実施した日本語能力調査、およびCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)の相関関係の研究をもとに、基礎レベルのスコアを220点から315点に引き上げました。

JPT試験エントリー
(アプリのダウンロード)